阪神大震災入浴バス 1995年1月26日~2月28日・・・・42

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 阪神大震災入浴バス 1995年1月26日~2月28日・・・・42
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]

この報告書は1995年に(社)三田青年会議所(三田JC)が阪神淡路大震災にさいし活動した「入浴巡回バス」運行の記録である。当時300部のみ作成されたわずか56ページの小冊子ではあるが、世界中から大災害がなくなるときまでの一助になればとネットに再録する。 誤字脱字の修正を除き原文そのままを掲載する。

 

1995年1月26日~2月28日 結果報告

  事業名称  阪神大震災入浴バス
  実施日  1995年1月26日~2月28日 
  実施場所   詳細別紙参照
  受入人員  総計 9,672
 バス運行台数  兵庫ブロック 47台
 近畿運輸局 87台
 三田市バス 40台
 合計 174台
 JC救援物資  詳細別紙参照
三田市JA女性会  おにぎり 6,000個

 

   三田JCメンバー   他JCメンバー  ボランティア 入浴巡回バス利用者
累計人数 284 121 454 9,672

 
・1月17日未明に発生した阪神大震災に対し、当青年会議所としては、阪神間に一番近いロムとして、被災地まで大型バスを運行し、三田市及び近郊のゴルフ場施設まで送迎し、入浴していただく事業を行いました。    

・交通事情も日ごとに変動し、被災地の状況も日々刻々と変わり、バスの運行も被災地の選定から始まり、受入先のゴルフ場の確保、バス会社への連絡などで、一日中事務局の電話は鳴りっぱなしで緊張の毎日でした。    
 各青年会議所からの救援物資も、毎日のように届き、下着やタオルなどを入浴場所の受付で配り、入浴後はおにぎりを渡しました。。身体も気持ちもリフレッシュして戻られたことと思います。    

・兵庫ブロックのロムより、毎日数名の人員的援助をいただき、誠に有難うございました。    

・今回の震災の影響は予想以上に大きく、まだまだ復旧には時間を要しますが、阪神間の明るいまちづくりにこれからも全力を尽くしたいと思います。